世界は俺の思い込み.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は俺の思い込み

生きるのが楽になる考え方とか、思いついたこととかを発信していきます

【生き地獄】学習性無力感と浪人生活

 

f:id:kamiyachan2016:20161203233944j:plain

こんばんは大学生のカミヤチャンです。

はてなのトップページを見たらこんな記事が上がっていました。

kentaroupeace.hatenablog.com

 適切に引用が使われているし、太字が多めでわかりやすいし、記事が短くまとまっていていい記事ですね。見習う所だらけです。

また、この記事を読んで僕の体験と照らし合わせてみたら思うことがあったので書いていこうと思います。

辛い浪人生活

 浪人した一年間は本当に辛かったです。理由は大きく分けて以下の3つ。

  • 現役で大学に行った友達が楽しそうにしているのに自分は勉強しなきゃいけない
  • 思うように成績が上がらず安心できない
  • サボってしまう自分への罪悪感

そんな理由からストレスを感じ、夏の終わりと共にやる気はズンズンと沈んでいきました。

 

勉強に身が入らない

秋頃になるともう何をやってもダメだ。なにもしたくない。と、まんまと学習性無力感を得てしまったのでした。

 

ストレスのせいでやる気が出ず、うまくいかないことが続き、さらに学習性無力感を感じ何もできなくなる。というパターンにはまってしまう浪人生は多いのではないでしょうか。

 

またこの頃頭がおかしくなっていた僕は

「勉強しようがしまいが、浪人生でいる期間は同じ。じゃあ勉強しても意味ないよね!」

と、わけがわからないけど一応筋が通った理屈を思いつき一切勉強しなくなったのでした(笑)

 わーい

 

僕はどうすればよかったのか

では僕はどのように過ごせば志望校合格という目的を果たせたのでしょうか。

 無い知恵絞って考えてみると、

うーんわかりません(笑)

ほんとうに知恵がなかったようです。

まあ今考えてみると今の大学も悪くないし、そもそも僕は勉強が好きじゃないということを早く認めるべきでした。

また、変なプライドを捨てて自分の将来について真剣に考えてみるべきでした。

 

学習性無力感を感じてしまうようなことはその人には向いてないんじゃないですかね。

嫌いなことor苦手なことであるわけだし。

苦手なことなんかさっさと諦めるべきでしたね。

志望校に合格しなければいけないという思い込みがそもそもの苦しみの原因だったのかもしれません。

 

 

 

というわけで、今は過去の自分が他人のように感じられるので

「諦めろ」だの「落ちてもいいじゃん」だの言えるんですが、当時の本人にとってはそれは大問題でした。悩みなんてそんなもんですよね。

人の悩みなんて、あとから考えれば大した問題じゃないのです。