世界は俺の思い込み.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は俺の思い込み

生きるのが楽になる考え方とか、思いついたこととかを発信していきます

目先の欲を満たすのが幸せとは限らない

アクセスいらないから自分の好きなこと好きなだけ書きます。カミヤチャンです。

タイトル通りです(って書いて書き進めてたらいろいろ書いちゃって全然タイトル通りじゃないです。てへ)

人には向上したいという欲があるみたいで、そっちを満たすのが心地いいと気づいた。

自分の時間を持つといいと思う。

「向上しなきゃ絶対いや!」では苦しいと思うから、それは避けるべきだけど。

我慢する時間に耐えられない人はやめてしまえば空いた時間が嫌じゃない時間になるかもしれません。実体験でそう思いました。

あと、怖いことなんて実際には起きないんです。思考が恐れてるだけです。

 

さっき気づいたことですが傷つけられたときでも傷つけられた部分を観察してるとそれは自分じゃないのがわかって、「わたし」は傷つくことなど無いんじゃないかと思いました。気付いてない間だけ傷つけられたと錯覚しているだけ。

※傷つくというのは精神的なほうです。(「傷つく」を「苦しむ」に変えても同じことが言えると思います)

あと、他人に合わせるのもくだらないです。人のために何かするのはたのしいです。

人は助け合って生きていくのが本来の姿なんだと思います。

将来のために頑張るのはいいことだと思うけど、そのためにやることそれ自体が楽しくないのならやめてしまえばいいと思います。

これ以前の記事は全部クソだから読まなくていいですってくらい。この記事で本音を書けています。

文脈がうねうねしてるのは思いつきで書いてあるからです。

みんながやりたいことだけやって生きていけばいいな。